脳科学と幼児教育

 

子どもの脳は、20歳まで緩やかに発達しますが、脳科学では3歳までが急速に発達します。そして、10歳で発達のピークを迎えます。

 

お母さんとしては、幼い頃は家でたくさん遊ばせてのびのびと、愛情を持って育てたいし、お受験はしないし、お金持ちでもないのだからという思いから幼い頃からの習い事は必要ないのでは、という家庭はたくさんあります。

 

しかし、脳科学では3歳までが大事だとされています。また、幼児教育は天才になるためのものだけではありません。

 

3歳までは、脳が著しく発達するのだからそのチャンスを逃さずに、この期間に本来お子さまが持っている可能性を引き出して伸ばしてあげるのは、早すぎることでは決してありません。

 

家でお母さんとできる幼児教育はあります。お子さまに、とって大好きな、お母さんと一緒に幼児教育をするのであれば幼児教育の教材を使用して、毎日少しずつ行います。教材は種類が豊富ですし、説明書もきちんとあり分からなければサポートがあるので安心して使用できます。

 

家でのみでは自信がない方は、幼児教室があります。幼児教室は細かく年齢でクラス分けされており、ピッタリの環境で過ごす事がかのうです。

 

幼児教室はたくさんあるので、どの教室が良いかよく考えてお子さんに合う教室を選ぶと良いです。

 

脳科学からみた幼児教育を参考にして教育すると、将来的に助けられる可能性はあります。