児童手当の現状と今後

 

児童手当は現状0歳から15歳までまでもらう事ができ、3歳未満の場合は月額15.000円で3歳以上小学生以下は月額が10.000円になります。

 

中学生も同じ10.000円を支給されることができます。

 

3人目以降は年齢に関係なく月額15.000円をもらうことができ、教育費として受け取ることができます。

 

対象となる児童の家計を管理している方が受け取れるようになっています。

 

児童手当は教育費として家計に足すことができますが、申請をしないともらうことができないので注意が必要です。

 

今後の児童手当の動向としては、消費税率が上昇していくのと、少子化現象が続くことにより、少しでも多くの方達の家計を
教育費として支えて行き、高齢化社会を解消できる方向へと向かっていくために少しずつでも上がって行くことが予想されています。

 

多くの方達が家計の負担や、子供を産むことから育てあげるまでにかかる教育費問題などを考えてしまい、子供を作る世帯が少なくなっています。

 

小さい子供がいると、主婦の方はパートにも行くことができないため、余計に家計を圧迫させてしまいます。

 

非正規雇用の世帯では子供を作りたくても作れない世帯も多くあり、児童手当はとても重要です。