晩婚化・少子化と子育て

 

女性の社会進出が当たり前の世の中になり、結婚してからも変わらず働くという人は増えてきました。

 

しかし、結婚して環境が変わることで、今までと同じような形では働けないことも多くなってくるのが現状です。

 

ですからできるだけ独身でいたいと考える人も増え、結婚が遅くなり、晩婚化は進み、少子化も進むばかりです。

 

晩婚化することによって子供を出産できる人数にも限界が出てきますから、晩婚化、少子化は日本社会全体の悩みともいえるでしょう。

 

また、晩婚化、少子化することによって悩みが出てくるのは子育ても同じです。

 

若い頃のように体力がありませんから、体力勝負の子育ては晩婚化、少子化世代にはとてもつらいものになります。

 

周囲のサポートや、悩み相談、社会全体での支援なども必要になってくるでしょう。

 

そして子育ての悩みというのは核家族が増えているということも影響しています。

 

自分ですべてなんとかしないといけないと考えてしまう人も多く、それが精神的な負担になってしまっているという例も少なくありません。

 

実家が遠い人であれば、子供を気軽に遊ばせることができるスペースを増やしたり、気軽に相談できる施設などを増やしていくといいでしょう。